2005年07月19日

キタナイ花の続き(加筆しました)

今日はちょっと忙しいんですけど、面白い画像を見つけてしまいました。続きを読む
posted by march-hare at 01:57| Comment(10) | TrackBack(0) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

キタナイ花、満開。

Turd Blossomって、何の事だかご存じですか?

私もはじめ、ええー何だろう??と思いましたが、Turd とは糞、Blossomは花が開花したところの事。糞の花咲?何だこれ??答えはコチラ
posted by march-hare at 03:21| Comment(5) | TrackBack(0) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

課題は地上にあるような・・・

ロンドンテロの容疑者4人組、全員英国国籍だった事が解った様ですね。
全員今回のテロ攻撃で死亡しているとか。自殺テロは恐ろしいです。
イギリスの貧しいムスリムの若者の間で、過激なイスラムの教えが密かに根を下ろしているというニュースは、もう去年、ラジオの特別番組でイギリスの過激イスラム宗派のイマムに密着取材した番組で聞いた事があります。
続きを読む
posted by march-hare at 01:16| Comment(8) | TrackBack(0) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

マイケル・ジャクソンは無実なの、か?

マイケル・ジャクソン、無罪放免の判決が出ましたね〜。
別にニュースを追ってた訳ではないですけど、
昨日からラジオや新聞やネット上でこのニュースが何度も繰り返されていました。
でも10件の罪状全部が無罪というのは、ホントかいな?って思ってしまいます。
お酒を未成年に薦めたっていう容疑まで無実って事ですよね? 

何だかマイケル・ジャクソンの無実が証明されたというよりも、
原告に対して下された判決って感じがします。
犠牲者として信憑性がないって事で。続きを読む
posted by march-hare at 06:08| Comment(7) | TrackBack(9) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

真面目と薄笑い、現実と芝居の差

カタイ話はやめると言っておきながら、また政治に関する話題を持って来ています。周囲でそういう話をする人が多いせいなんでしょうか。

昨日、ブッシュ大統領のイラク戦争の稀少な支持者、トニー・ブレア首相と労働党が、大幅に議席を減らしたものの勝利しました。このニュースは詳しく追っていなかったのですが、昨日、Daily Show with Jon Stewartという政界を風刺したコメディ番組で、おもしろい実際の映像の比較があったので、それについて一考。
どうやらイギリスでもアメリカのように、選挙運動中は恒例のTown Hall Meetingという、大統領又は総理と、一般市民との質問や対話のやり取りをフォーラム形式にしたものを特別番組を放映するらしく、比較はその番組の中の映像クリップでした。

一言で言うとその差は現実と芝居のような違いがありました。
ブッシュ大統領がいわゆる一般の人々とのフォーラムをする時は、前もって選別された、共和党支持者しか参加できません。しかも批判、中傷は言いませんとかという内容の文書に署名することが義務づけられます。去年の大統領選で、とあるジャーナリストが潜入しようとしましたが、支持者でない事が解った途端、威圧感のあるボディガードに外までエスコートされたそうです。その上、フォーラムで質問する人々も前もって選ばれていて、言うセリフまで決められているような感じです。「あなたが大統領でほんとに良かった。」とか「あなたの努力と勇気に感謝します」などという、聞いていてじんましんが出来てしまうようなクサイ台詞を言うだけで、肝心な質問や責任追及は全くなし。ブッシュ政権の一時間に渡るPRに使われてしまっています。48%のアメリカ人はブッシュに投票しなかったのに、(ホントにオハイオの票が数えられたら実際はそれ以上だったかもしれない)会場全員がブッシュ敬愛なのは何故???アメリカの誇る(っていた)表現の自由は一体どこへ?

これに比べて、イギリスでの番組は、リアリティありましたねー。ブレアー首相が入場した途端、拍手と同じくらいブーイングが聞こえ、一般人の質問も、イラク戦争については、「嘘をつきましたね。」と言われてたり。台詞のように聞こえる部分はなく、ブレアー首相も厳しい質問に真面目に答えていて、(ブッシュのように薄笑いを浮かべて答えていなかった!)番組の最後の彼のちょっと憔悴した感じの表情が印象的でした。

ブッシュ政権になってから、昔の某国を思わせるような徹底したプロパガンダがニュースと呼ばれ、これまで密かにジャーナリスト役の人物を設定して、都合のいい質問を記者会見でさせたり、ニュース番組でコメントさせたりしていた事が今年になって暴露されました。ブッシュ政権は何だかアメリカの一般国民を馬鹿にしたような扱いをしています。
これでいいのか?! いい訳がない!!
まだ後期がはじまったばかりだというのに、早くもいらついてます。

押してもらえると励みになりまーす。
banner_02.gif
posted by march-hare at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

とてもリアルな皇太子の再婚と、全くリアルでない英国国教会

charles&camilla1.JPG
イメージは婚礼記念のティータオルだそうです。何でもとにかく商売!!ですね。来週8日だそうです。
(写真:AFP クリックで記事にリンク)
偶像化してしまった亡きダイアナ妃よりも、長い間いろいろと批判されながらも、しっかりと互いへの愛情と信頼を育んだチャールズ皇太子とカミラ・パーカ・ボウルズの方に、私はどうしても親近感を持ってしまいます。ダイアナ妃結婚時のおとぎ話のお姫さまのようなイメージとは対照的に、今回の再婚はもっと現代小説風かもしれない。でもそのどちらのイメージも、結局はマスコミによって投影されたフィクションでしょうけど。本当のストーリーは本人達のみが知る事です。続きを読む
posted by march-hare at 08:56| Comment(0) | TrackBack(2) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

フジ・コーラ??

今ランチ中にラジオで聞きました。ニュースを聞けば聞く程この人ちょっと・・・と思うのがアルベルト・フジモリペルー前大統領。2010年まで公職復帰を止められているけれどもメゲずに2006年の大統領選出馬の予定。その資金集めと宣伝のため、企画したのが新しいソフトドリンクの販売。その名もフジ・コーラ!!! キャッチフレーズも、「大衆の不満の渇きを癒す」だそうです。結構(メロ)ドラマのあるリーダーに弱い南米気質、ペルー国民は彼の訴えに動かされるでしょうか? BBCの記事はこちら
posted by march-hare at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。