2005年10月18日

スーツを着た猫

またダンナの話題です。
この前、しばらく会っていなかった遠方の友人が泊りにきてくれました。
超多忙スケジュールの中での訪問だったので、夜チェックインして、昼にチェックアウトしていっただけという超短期訪問だったのですが、それでも楽しかった。

友人を次の訪問先に車で送っている時に、彼女から、
『march夫さんって、ネコみたい。』と言われました。
人なつっこい時と、唯我独尊という時のギャップが激しいからだそうです。
ネコみたいな人というコメントは今まで聞いたことがなかったのですが、
そう言われてから、夫を観察してみると、
ホントだ。こいつは猫だ!と思ってしまいました。

ざっと思い当たる所をあげてみると、
1 静かでクール、という印象をもたれやすい。
2 普段は言葉が少ない。講義モードにならない限り。
3 黙って人の顔をじっと見つめる時がある。
4 何も考えてない時でも、考え事をしているように見える。(これは得!)
5 10分くらいの昼寝をよくする。週末家にいる時は数回。
6 急にジャレついてくる。こちらは面食らってしまう。
7 ツナ缶を開けてそのまま食べる。(料理しない主義だから)
8 魚に目がない。
9 来る者はだいたい拒まず、去る者は追わずという感じ。
10 爪を噛む(猫も前足の掃除とかで、同じ格好するんです!)


普通、猫って、女性を表現していることが多いですけどね。
ま〜。お母様の『希望』(前エントリー、ココアといえば。参照)通り、
マッチョな感じのしない男に育ったという訳でしょうか。
子供の頃は長髪で、よく『女の子』に間違えられていたらしいです。
もちろん、そのヘアースタイルも、お母様の
普通の男の子にならせてたまるか!という気概の表れだったみたいです。(笑)

帰って来て案の定、10分昼寝をしている夫に、
『何だか猫みたいだって言ってたよ』と言ったら、
目をつぶったまんま、『この猫は外で稼いでくるぞ。』とのお答え。
童話の『長靴を履いた猫』は英語で"Puss in Boots"なので、それをもじって、
彼を"Puss in Suits"『スーツを着た猫』と呼んでしまいました。あはは。
本人は良い迷惑ですけど、(笑)私は愉しいですよ。
イメージ的には『なめ猫』みたいなものを想定してしまいます。
憶えている方いらっしゃいます??

猫が好きで、飼いたいと思っていたんですけど、
気がついたらもうでっかいのが一匹いる、という感じです。


今日もおつきあい、ありがとうございました。
押して行ってもらえると、嬉しいです
banner_02.gif
posted by march-hare at 05:43| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記/エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
march-hareさん。猫か、犬か?
好きということが、その人の人生観やヒトへの好みが出るような。きっと、 march-hareさんは ちょっと身勝手だけど ヒトを魅了する猫がよかったんでしょうね。でも、一つを選ぶと 隣の芝は青いということは多いですけど。
Posted by たま at 2005年10月18日 22:30
ネコな旦那様、、かっわぁいぃ〜〜♪
そうすると、、うちの旦さんはなんだろ??
(@@)うぅ〜〜ん。。。。犬?かな?? 飼い主に従順。。うふふ。
marchさん、、しかしよく旦那様を観察なさってますねぇ〜。感動しちゃった!
Posted by septcandy at 2005年10月18日 23:43
いや〜ん、marchさんが、なめ猫だなんて!?
 お懐かしゅうございますwww。

今日の感想・・・
私も、猫かも?
とりあえず、なめんなよです。

Posted by chika at 2005年10月18日 23:59
たまさん
犬も捨て難いですね〜。
どちらも好きなんですけど、
不思議と猫のほうが親近感が湧きます。
一緒に一人でいる事を楽しめるからかなぁ。
Posted by march-hare at 2005年10月19日 13:25
septcandyさん
candyさんところの旦那様は一途で誠実な感じがして、
私も犬を想定しますねー。
犬も可愛いですよね〜。
この前、ショッピングをしてる時に狆をつれている人を見かけて、あまりの可愛さに犬もいいかなぁ〜なんて、
思いましたヨ。
Posted by march-hare at 2005年10月19日 13:34
chikaさん
なめ猫を憶えている人発見!(笑)
『なめんなよ』のフレーズが、
Don't Perolian (ドント ペロリアン)て、滅茶苦茶な英語風にしちゃってるのも、笑っちゃいます。

chikaさんも猫的ですか?
私もやっぱり猫的かもと思います。
Posted by march-hare at 2005年10月19日 13:41
結構私の中でmarch-hareさんの
ご主人像が勝手に日々出来上がっています!
なんか渋めの白人男性なのでは・・・?なんて。
確かに「外で稼いでくれる猫」はいませんね。
「猫は長者の生まれ変わり」ってことでは??!(笑)
Posted by たけ at 2005年10月20日 07:58
たけさん
見た目は童顔だから渋くないかも。
でも性格は渋いところがあるかな〜。(笑)

長靴の履いた猫のお話で、猫一匹が唯一の財産となってしまった三男じゃないですけど、貴重な財産でございます。(笑)
Posted by march-hare at 2005年10月20日 12:48
みっかっちゃった!

Don't Perolian (ドント ペロリアン)
とは凄すぎ〜っ

センスいいのか悪いのか、微妙すぎてわかりません。
会議を重ねて、これで行きましょうってなったかと思うと、とてもシアワセな気分になりますね。

それにしても、marchさんよく覚えてらっしゃいましたね。私リアルタイムでは、なんともひっかからなかったみたいです。

marchさんの守備範囲の広さをまたもや思い知らされましたwww。
大体、なめ猫ネタ似合いませんから(爆)
Posted by chika at 2005年10月21日 00:15
chikaさん
私も憶えていなかったんですけど、
ちょっとググってみたら、出てきたんです。
あ、そういえばそうだったな〜と。
まさに日本製イングリッシュって感じです。
最近のはもっと使い方が洗練されてきてると思いますけど
子供の頃は全然変とも思わなかったんですよね。

ホントにセンスがいいのか悪いのか、解らない感覚です!
やっぱりなめ猫ネタ、似合いません?(笑)
Posted by march-hare at 2005年10月21日 03:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8282479

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。