2005年09月26日

反戦デモ

protest view.jpg

土曜日にワシントンDCで、大規模な反戦デモが行われたそうです。

デモの許可証では推定10万人とされていましたが、確かな参加者の数は記録されていないとか。
同時にシアトル、サンフランシスコ、ロンドンなどの都市でも小規模の反戦デモが行われたそうです。


aerial view.jpgjumpsuitsprotest.jpgbillfor1stlady.jpgこれだけの人々の抗議を見て、ブッシュ大統領は何を思うのでしょう。

見てない確率が高いかもしれませんね〜。むかつく奴だ。
見ていたとしたって、『何か一杯人が見える』って感じで、物事の関連性が解ってない気がする。
この政権のやっている事を見ると、ホントにそんな印象しか受けません。

『ブッシュは戦争犯罪を犯している。裁判を受けて投獄されるべきだ。』
と金曜日にCharlie Roseというインタビュー番組で、ロード・オブ・ザリングのアラゴン王を演じたヴィゴ・モーテンセンが言っていました。
残念ながら、その可能性は0に近いでしょう。

次の大統領選の民主党候補で元も注目されているのが、ヒラリー・クリントン上院議員。
その半分真面目なキャンペーンとして、『ビル・クリントンを最初のファーストレディーに!(Bill for Firstlady.com)』という草の根運動(?!)も存在するらしいです。
下はそのキャンペーンの一環で女装した『ビル』がデモに出没した模様。
でも何かちょっとバーバラ・ブッシュみたいじゃない?!

彼等の面白サイトへのリンクはこちらです。

このようなヒラリー/ビルクリントン熱を、アンチ保守派のindependentであるうちの夫は危惧しております。

『個人的にはユーモアのセンスたっぷりな姿勢は好きだけど、
こういう事をするから保守的なRed States(中西部から南部にかけての州)での票を失うんだ!』とね。
女装までさせて迫ったら、
頭の固いゲイ恐怖症の人なんかは、余計にブッシュみたいな偽クリスチャンに走っちゃう。
ジョークは、それが解らない人々に疎外感を与えますから、気を付けて選ばないとね。
それに『軽い奴』という印象をお固い人々に与えてしまってはまずいです。

私もヒラリーのような女性や、白人でない大統領を夢見ますが、
とにかくこの政権の流れをくむ後継者を絶対に当選させないように、
是非とも『勝てる』候補者を出して欲しいというのが心情です。
クリントン家は、ファンが多くても、忌み嫌う人々も同様に多いですから、能力は評価していても票がとれるかちょっと心配です。
保守派からの熾烈な批判攻撃と、『過去』の引きずり出しに対抗できるような、プロパガンダへの才覚とBalls(笑)が必要でしょう。
後は、女性の大統領に抵抗を感じる人口をどう動かすか。


この反戦運動に対抗して、小規模ながらも反反戦運動のデモもあったそうです。

戦争継続派は、『中途半端にやめたら余計に危険な状態になってしまう』という論理ですが、ベトナム戦争時のように、国内外の状況が結局『中途半端でも止める事』を強いるんじゃないかと思います。
それ程昔のことでもないのに、何故歴史から学ばないのでしょうか。
国内の過激派と、外国の侵入軍のどちらが敵かと問われたら、皆まずは外国の侵入軍を敵に選ぶと思います。
だから米軍がいつまでもイラクにいては何の解決にもつながらないと思います。
ものすごくディテールを省いた意見ですけどね。

国を勝手に侵入して、滅茶苦茶にしたまま去るのは、世界警察ヒーロー役にとってはとてもカッコ悪いです。
でも己の体裁よりも潔く本当に人々のためになる事を本気で考えて実行しましょうよ、いい加減。
はじめからこの成り行きは予想されていたんですよね。

個人的には、米軍がイラクにいる限り、状態はますます悪化するばかりとしか思えません。
一刻も早く世界的な規模での外交と政治力による解決に重点を切り替えて、嘘が理由で、計画は穴だらけのこの不利な戦争を強いられた兵士達を家族の元へ返してあげてほしいです。


今日もおつきあいありがとうございました。よろしければ、押して行って下さいな〜。
banner_02.gif
posted by march-hare at 15:15| Comment(13) | TrackBack(3) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本からイラクを見ていてもそう見えるのですが、アメリカという国は進歩的なのに保守的、なんだかわからん不思議の国。ひとつ、質問なのですが、ここんとこのハリケーン。米国では地球温暖化論議はいかがなんでしょうか。ちょっとわかり難いのです。
Posted by たま at 2005年09月26日 19:59
確かにデモも、ジョークがコケルと意味ないですね。ただのエンターテイメントになってしまうし。ホントにメッセージを伝えたいのなら、ただ座り込みするだけとか、いろいろスマートなやる方はあるはず。でも、まあ数で勝負なら今回は凄かったのではないですかね。
カトリーナ災害の影で、イラクで誘拐され十ヶ月の投獄生活から救出された人が60minutesでインタビューを受けてましたが、政府は彼の救出劇を全然気にも止めなかったみたいですね。ブッシュだもの、そんなものなんでしょう。
Posted by endunham at 2005年09月26日 23:55
たまさん
こんにちは!
その通りなんですよ!進歩的で保守的、頂点も高ければ底辺も広〜い、不思議の国なんです。

進歩的で保守的な部分は、やっぱりイギリス帝国から『独立』するくらいの気概と、『植民地』(=ヨーロッパという文化の中心から当時は疎外されていた)という辺境の地の意識の合流といいますか、アメリカの歴史と文化に深く根ざしている態度だと思います。

ハリケーン、ほんとに近年は頻度が高くなってますよね。
よくニュースやコラムで、温暖化で、海の温度の上昇が、より強力なハリケーンを作っているという内容を聞きます。

進歩的で保守的な二面性の通り、こちらでは科学者を初め、知識層はかなり温暖化の状況を危惧していますが、その反面、過激キリスト教右派や石油関係、自動車産業が手を組んで、温暖化に関する科学的な理論を『単なる一説』としようとする動きもあります。

マスコミも『意見』と『事実』をはっきり選別してくれないので、個人の判断が余計に重要です。
個人主義すぎて、サービスの悪いアメリカはニュースもそうなのか!とちょっと頭に血が上ります。
Posted by march-hare at 2005年09月27日 07:31
endunhamさん
デモはどんどんやって欲しいと思います。
こういう事って、本当に全国的に浸透するのには時間がかかると思うので、何度でも人々の脳裏にこのイメージを焼きつけていただきたいです!
それが後のブッシュの後継者から人々を遠ざける結果となれば、と思います。

60minutesは見ていないんですが、おっしゃる通り、ブッシュだと、宣伝画像作りか献金者関係の事でなければ、何でもおざなりにされそうですよね。

2000年にこいつに選挙を盗まれて、2004年には何となく騙されちゃってつい票を入れたアメリカ国民に、『いい加減にせい!』と言いたいです。
夫は、『ブッシュは病気の原因ではなくて、いわば症状だ。原因はアメリカの状態にある。』といつもぼやいてます。
Posted by march-hare at 2005年09月27日 07:48
>ジョークは、それが解らない人々に疎外感を与えますから、気を付けて選ばないとね。
それに『軽い奴』という印象をお固い人々に与えてしまってはまずいです。

さすが、ぬかりないですね。
大事な時こそ手堅く行かないと、思いもしないところであげ足をとられますから慎重にターニングポイントを作らなければいけませんよね。

マスコミ批判も本当は言い古されてるはずなんですけど、どうしたもんなんでしょ。
ネット社会がなければ、中庸も成り立たないと思いますよ。

朝のニュースで、シンディ母さんが捕まった映像を見ました。お母さんにっこり微笑んでいましたね。
Posted by at 2005年09月27日 10:52
↑のコメ、私です。
ごめんなさいm(__)m
こんなオッチョコチョイ も〜う見たことない!

このお母さんへの対応が今後どうなるのか気になるところなんです。 ハイ・・・
Posted by chika at 2005年09月27日 11:03
民主主義には大きなコストがかかるとは言え、環境のことは待ったなしのように思えます。日本の首相が環境問題を考えているかといえば、そうでもないような。世界を見回してもそうかもしれませんが。やはり、世界一の資源消費国である米国が大きな役割を示さないと、というのが極東の一市民の視点です。
ぼやきですねえ。
Posted by たま at 2005年09月27日 11:56
chikaさん
シンディさん、逮捕されましたね。
でも彼女の支持者も多いですし、彼女の扱いは、国内外でのこの政権の評価にかかっているので、政権側も慎重になると思います。

せいぜいブッシュ&カンパニーに出来る事といったら、
手下のFOXNewsや、他の保守派の解説者などに彼女の批判をさせる程度くらいでしょう。
やり方がやっぱり汚いと思います。
こうした状況の中でも毅然としたシンディさんの強さには感服です。

過激な批判って、新しくても古くても、人の攻撃的な本能を刺激するから、肝心の事実よりも人々の印象に残っちゃうと思うんです。

心情的にアメリカって、そういう泥仕合をスマートに辞退する人よりも、飛び込んで強引に勝っちゃうタイプを好むような気がします。
(それは今時のドナルドトランプ氏のリアリティ番組とかを見るとよく解ります)
その辺の志向は、ホント、違うなぁ!と観察する度に感心します。
Posted by march-hare at 2005年09月27日 13:29
たまさん
本当に、環境問題は『時限爆弾』ですよ!
なんだか残された時間の読みが間違ってるんじゃないかなと思います。

アメリカでも、ブッシュ政権の温暖化問題への無関心にしびれを切らして、都市レベルで京都議定書の排気ガスの基準に合わせるように努力している所もあります。
西海岸のポートランド市などでは、ゴールを自力で達成したとかいうニュースを今年聞きました。
そういう自主性は、アメリカンの好きな所です。
でも国家レベルで努力しないと、能率が悪いです。
ポートランドが頑張っても、他の都市でおかまいなしに排気ガスを倍出しちゃったらねぇ。

世界一の資源消費国だから、率先して、新エネルギー開発やエコ車の開発に力を入れるべきなのに。
本当はそのほうが、長い目でみたら利益も高いと思うんですけどね〜。
あまりに愚かではずかしいです。
Posted by march-hare at 2005年09月27日 13:45
GWBの事をイライラしながらmarch-hareさんのログを読んでる時に、ふと「民主党」はいったい何をしてるんだ!って思いました。

こういう時に、頼りになるのが野党なのではないでしょうか?!

ほんとうに、勝てる候補者を擁立していただきたい物です。(って言ってもGWBはもう次の選挙には出ないけど・・・もうっ!)ポチ。
Posted by 猫オンナ。 at 2005年09月27日 16:13
日本人の心情には、「もったいない」ということがあると思います。少なくとも40代以上には。とてつもなく贅沢な生活を享受しているなかで いつまでもこうはいくまいと、感じています。「もったいない。」「お天道様にもうしわけない。」、死語のようなものですが、心情としてはあるのでは?でも、きっと とんでもないことになって初めて どうしようか?ってなことになるのに。僕の子供の世代は どうなるのやら?ちょっと、いや、だいぶ心配。
それは、さておき、日本は秋の入り口ぐらいですが、涼しいです。夜になるとジージーとオケラが鳴いています。昔の人はミミズがないていると思ったらしいですが、可笑しいというか面白いです。ミミズはどこで声を出すのか?じゃあ。
Posted by たま at 2005年09月27日 20:37
猫オンナ。さん
民主党。情けないんです。(涙)
前の2度の選挙で上院も下院も失ってるので、封じこめられている状態かも。
ハワード・ディーンがトップになってから、ちょっと反骨精神を取り戻しつつあるかも(と期待したい。)

でもその間にこのアホ大統領に、2人も最高裁の裁判官を使命できる『幸運』まで巡ってくるし。(涙)
ちきしょー。

近頃の一般人の不満とスキャンダルの露呈を最大活用して、来年の議員選で議席を取りかえしていただきたいものです。
Posted by march-hare at 2005年09月28日 00:00
たまさん
『もったいない』と『申し訳ない』っていうコンセプトは本当に日本特有かもしれませんね。
そういう謙虚な姿勢は、環境問題とか、これからのグローバル社会において、とても大切なコンセプトだと思います。

『人間本位』な視点が中心のアメリカみたいな文化では、『お天道様に申し訳ない』などという考え方はないですね〜。
多分『人間は進歩して、全ての障害、困難に打ち勝つのだ!』という感じだと思います。
ちょっとナルシスト過ぎですよね。(やれやれ)

ミミズが鳴く!面白いですね。
こちらも涼しくなってきました。これから長くて寒〜い冬到来と思うと、気が思いです。
Posted by march-hare at 2005年09月28日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

反戦デモ(ワシントン)イラクの米軍撤退求める
Excerpt: 「反戦デモ(ワシントン)イラクの米軍撤退求める」に関連するブログ記事から興味深い...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2005-09-26 22:34

戦争反対 と思う人 トラックバックでつながろう!
Excerpt: 昨日の10万人とも15万人とも伝えられたワシントンでの反戦デモのニュースを知って 何かしなくてはと思いました。 自民党支持者でも、 公明党支持者でも、 民主党支持者でも、 共産党支持者で..
Weblog: 157cm、45kg、A型、年収300万、チビたです
Tracked: 2005-09-27 08:15

韓国から学ぶべき事「韓国軍、イラクから撤退せよ」
Excerpt: WBCでやんややんや言い&言われとります韓国ですが、韓国の若者を見習おう!日本の若人!みたいに思うこともありまして。 国際反戦行動に若者ら1000名参加「韓国軍、イラクから撤退せ..
Weblog: 果てし無い睡眠欲<国際問題・環境問題とか>
Tracked: 2006-03-21 16:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。