2005年09月19日

国民が眼中にない大統領

またなんか文句書いてしまいますが。
現在のアメリカの大統領は、税金を払っている国民がクライエントというよりも、政治献金する大企業やそのオーナ達がクライエントだと思っています。
そう考えるとこいつのやっている事の論理がすご〜くよく解る。

基本的にブッシュ政権関係者は、政府は企業の利潤追求の障害になるから、
政府機関は最小限に、基準や規制、税金や最低賃金はあくまで低く、政府関係で大きくていいものは軍隊だけ。
という論理で動いていると思います。
もともと政府機関をお金儲けの邪魔としか考えていない人に、政府の運営を託す事が間違っているよ、アメリカよ。
この政権は国連だって、似たような論理で邪魔に思っている訳だし。

お陰で現在アメリカは天災、人災、差別、企業の搾取や汚職、環境破壊など、内外の危険に対して国民を守れない国になってきているような気がします。
やっぱり政府の役割を認識していない奴に国家と国民が守れる訳がない!
やっぱり宗教を掲げていれば最後にRaptureで救われると思っているからこんなにお粗末なのか。
早くテキサスに帰ってね。お願いだから。

カトリーナの人災で支持率低下中のブッシュ大統領ですが、
先日応急処置として、テレビ演説してました。
もうもう、この人の言う事は絶対信用できません。
『責任を取る』なんて言うだけは簡単。
もう再選を狙う必要もないですから、何でも逃げられちゃう訳です。悔しー。
気前良くニューオリンズ再建の予算の数字を挙げたって、イラク戦争も終わりは見えないし、トップ1%内の裕福な人口にあげた巨額の減税にも触れないで、どこからお金が出てくるんでしょう??
もっと中国からお金借りるんですか?

ブッシュは一生懸命顔をしかめていろいろ言ってましたけど、
実際にはニューオリンズ再建の仕事は全て、過去の選挙時に多額の献金をした親ブッシュ派企業にno-bidで与えられ、(もちろん未だに年間30万ドルもチェイニー副大統領に給料を出しているHalliburtonも含まれています。)
その上に、これらの企業関係の現地での雇用に対して特別に最低賃金を下回るレートを払ってもいいように許可してるんです。(関係記事はこちら

この地域の人々が今生活を立て直そうとしている時に、人々の給料を犠牲にして企業に大幅なチップをあげているようなものです。
現在のニューオリンズに戻ってこういった企業関係のブルーカラーの仕事に就こうとしている人々にとってはたまったもんではありません。
またもや裕福でない境遇の人々が、ハンデを負うことになるようです。


またまたおつきあいありがとうございました。
励みになるので是非ポチっと押していって下さい!

banner_02.gif
posted by march-hare at 12:00| Comment(4) | TrackBack(1) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだそうだっ!
とっとと引っ込め!!と叫びたい!

昨日みたインタビューでクリントンも大概怒ってました。「戦争もやめず私たちの金持ちから税金も減らしてどこからお金取る?」と・・。
クリントン就任時は黒字だった国家もあいつのお陰でお金使い果たしましたからねぇ。
父ブッシュの時も確か赤字。国民の大事な税金使い果たすなって感じ。

march-hareさんがおっしゃる通り、国民を守る機関が働いてない今、GWBが大統領である意味などないかと。(元々意味はなかったかと思いますけどね。)

とにかくさすがのクリントンもブッシュを馬鹿呼ばわりしてました!!!
GWBはとっととテキサスに戻ってカーボーイでもしてくっ!という感じ。

任期満了まで働かないことを願います。
Posted by たけ at 2005年09月19日 20:20
へ〜・・・もう、声になりません。

ニューオーリンズの復興工事が親ブッシュの関連企業に渡ってるなんて・・・。

これじゃ、中◯と変わらないじゃないですか!

アメリカの国民は、「一揆」とか起こさないとダメですよ。このままじゃ、サナダムシGWBとその家族に、栄養を全部取られちゃう。

税金を払うのが、ばからしくなりますよね。

いったい、ブッシュ家は合計でどれぐらいアメリカ政府に寄生することで、儲けたんでしょうか?

知りたい。
Posted by 猫オンナ。 at 2005年09月20日 08:42
たけさん
私もネットで最近のクリントンのコメント見ました。
普段は温和な感じのクリントンなのに、本当に憤っているのがよく解りましたよ。

去年の大統領選の時から、彼、この台詞を繰り返しているのに、アメリカ人って、ちょっとニブいんじゃないの??って思ってしまう節もあり。

もうかなりいろいろと滅茶苦茶にしてくれたもんです。
とにかくマスコミも感情論や意見に振り回されずに、きちんと事実を報道してその使命をきっちり果たしていただきたいものです。
Posted by march-hare at 2005年09月20日 11:01
猫オンナ。さん
ね、何だかどこぞの汚職まみれの政府みたいでしょ!
信じられないけど、ホントの話。
他国の政府にケチなんかつけられませんよ。全く。

>税金を払うのが、ばからしくなりますよね。

そこが、奴らの『思うつぼ』なんですよ!!
ブッシュらは、出来れば政府がやる事全てを、民間企業に請け負ってもらいたいんです。だから、政府のサイズを小さくすべく、クリントン下で強化された政府機関を潰しまくっているんです。
減税も、いわば政府を『餓死』状態に追い込む一つのテクなのです。

基本的にブッシュ政権ってのは、企業の利潤追求を自由にさせれば、そこから段階的に国は自然に豊かになるって思ってるらしいんですけど、規制を取っ払っちゃうと、企業とそのオーナー達が栄養全部吸っちゃって、肝心の根元(国民)が干涸びちゃうって事実が全然解ってない。
そういう状態を公平にコントロールできるのは、企業の生存競争じゃなくて、政府の意志だって私は思うんですけどね〜。

Capitalismって、評価はしてますけど、どうも信用してないんです。何だか殺伐としていて。
他に替わる物は?言われても私じゃ考えつきませんけどね。(ため息)
Posted by march-hare at 2005年09月20日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7083060

この記事へのトラックバック

アメリカ 賃金
Excerpt: アメリカ 賃金の最新情報をチェック!ad1();         ア...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-10-23 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。