2005年09月02日

夏のCreme fraicheもどきタルト又はパイ

何だかタイトルが収拾つかなくなってしまいました。(汗)
いろいろ書きたいテーマがあるのですが、ちょっと疲労気味の時は、何だかフードの話題のほうに惹かれてしまいます。

と言う訳で、今日は先週末に作った創作タルト/パイ(?)について書きます


Creme fraicheは、ヨーロッパで一般的な、クリームを発酵させたもので、サワークリームのようなものだそうです。
サワークリームとは違って、低温殺菌されていないそうです。
私の味覚では、サワークリームよりも、クリーミィで、酸味もマイルドだと思います。
甘味にも、塩味にもよく合います。スモークサーモンなどに、ちょこっ添えられたりするのをよく見かけます。

家の近所のカフェで去年、期間限定でこのCreme Fraicheとブルーベリーのタルトをいただいたのですが、淡い甘さに酸味が気持ちのいいCreme Fraicheと、ブルーベリーがびっしりのタルトは、アメリカでは珍しく『甘さ控えめの洒落たデザート』でした。
夏場はフルーツがいろいろ安いので、こういうデザートを是非作ってみたい!
と思ったものの、Creme Fraicheは高っ〜!!。
しかも、量がほんのちょっとで売られていて、作っても一口タルトという感じでした。

そこで、ちょっとこのCreme Fraicheのパクリという訳で、ヨーグルトと生クリームの混合で、
このタルトに挑戦してみました。

我が家ではプレーンヨーグルトは必需品です。ソースにもなるし、マリネの材料にもなるし、スムーシーにも使えるし、泥パックの材料にもなるし(詳しくはクレイパックを参照)とっても応用のきく食材です。

yogurt.jpgこのヨーグルトを、コーヒーの紙フィルターなどで、一晩水分を濾すのです。
そうすると、翌日、もとの2/3くらいの量になって、クリームチーズに近いくらい、固まってきます。
それにちょっと砂糖とレモン汁を加えて混ぜます。

そこに砂糖とバニラビーンズを入れて泡立てた生クリームをあえ、続いて湯せんで少量の水で溶かしたゼラチン(室温に冷めたもの!)を入れ、まんべんなく混ざったら、用意しておいたタルトのクラストへ平らにいれて、フルーツを並べて4時間くらい冷やすだけ。

pie.jpgクリーミーだけど、生クリームの脂肪分の濃厚さが、ヨーグルト(うちはnon-fatのを使用)の酸味でとっても爽やか、でも生クリーム特有のまろやかな甘さもあって、なかなかCreme Fraicheに近く出来た気がしました。
レアチーズケーキをもっと軽く爽やかにした感じです。
カロリーもずっと低いですよ!

piepiece.jpg冷えてから、濃いめのゼラチンを果物に塗ると、つやが出ますし、果物の乾燥も防げます。
写真は2度目に作ったイチゴとキウイ。中にイチゴの層を作りました。
一番好きなのは、やっぱりブルーベリーと、黄桃のコンビです。色合いも好み。
ホントに簡単です。冷やす所が一番時間のかかる所。混ぜる時に、全ての材料が、室温かそれ以下であるところがキーポイント。(ゼラチン液も含めて)手早く混ぜる。
でないと、生クリームのふんわり感がなくなります。(失敗済み)


ポチ、よろしくお願いします! いつもありがとうございます。
banner_02.gif
posted by march-hare at 11:14| Comment(6) | TrackBack(1) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あああ、、 美しいぃ〜〜デザート。。。
キウイ売ってるんですね?marchさんとこ!!
家の近所には『キウイ』さんが いないんです。。。。(;_;) なんで??

それにしても、、今回も凝ってますねぇ。。手が込んでる!! 綺麗だし、手が込んでるし、丁寧だし、、、 marchさんの人柄が現れてるようですわ!!! 惚れた♪ マジ、ボストン行きてぇ〜〜〜〜。。。。
Posted by septcandy at 2005年09月02日 20:45
美味しそう!!
見た目もきれいで食欲がそそられます♪
日本のケーキを食べたくなったら
自分で作るのが一番ですねぇ〜
甘さ控えめで美味しそうだわぁ〜
ヨーグルトを、コーヒーの紙フィルターなどで、一晩水分を濾すというのはいいアイディア!
家でも使ってみますっ♪(拍手)
Posted by たけ at 2005年09月03日 04:36
march-hareさん、本当に上手。。(マジで感心)

プレゼンテーションがとってもうまくできていて、すばらしい。(うなってしまいました。)

ところで、このblogのイラストとかもmarch-hareさんの作品ですか???

やっぱり絵心があると、きっちりお料理でも表現できたりするんでしょね。。。ポチっ。
Posted by 猫オンナ。 at 2005年09月03日 06:24
septcandyさん
キウイさんが、いないの?
それは淋しいですね〜。でもあんまりポピュラーじゃないみたいですね、アメリカでは。

これ、ほんと簡単なんですよ!
私の好きなタイプの料理が、
『味付けは凝ってる様に見えても、実際のプロセスはシンプル』な料理なんです。
でなきゃ根がズボラの私がやる訳がないんです。(笑)
ブルーベリーのほうが、デコレーションは圧巻です。
なにしろ、一粒一粒『はめ込み』作業ですから。
ドバっと上に載せるのとでは、やっぱり見栄えが違うんですよね〜。

candyさん家のパンとだったら交換しますけど、いかが?(笑)
Posted by march-hare at 2005年09月04日 03:14
たけさん
自家製の方が、甘みも好みに調整できますよね。
ヨーグルトを濾すの、いいアイデアでしょ!
この他に、固まったヨーグルトに、砂糖と、レーズンと、胡桃と、シナモンと、ラム酒などを混ぜると、ちょっと面白いspreadにもなりますの。
ラムレーズン味みたいな。
このやり方だとnon-fatのヨーグルトでも濃厚な感じで戴けるから、なかなかいいですよん。
Posted by march-hare at 2005年09月04日 03:20
猫オンナ。さん(ちゃんと句読点つけましたヨ!)
改名おめでとうございます。

プレゼンテーション、それ程でもないっすよ〜。
これで、『精一杯』ですから。(苦笑)
仕方ないので味付けと、『簡単さ』を追究してます。

イラスト、ちょっと描いてみました。
左角にある飛行機、一応911のイメージから想定したんですけどね、星条旗のイメージといろいろごっちゃになって、何とも変な絵に仕上がりました。
Posted by march-hare at 2005年09月04日 03:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6479559

この記事へのトラックバック

煉瓦屋 ふたくちーず/ガトーちょこら/かぼちーず
Excerpt: 皆さん、ふたくちーず(http://2cheese.net/)はご存知でしょうか? なんのことない「2口サイズのレアチーズケーキ」という駄洒落のような名前のチーズケーキなのですが、かつてYahoo..
Weblog: 北海道うまいもの発掘記
Tracked: 2005-09-02 17:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。