2005年08月27日

March of the Penguins (2005)

お友達夫婦と一緒に、March of the Penguins を観てきました。
たまに趣向のちがうものが観たくなるのと、動物でもみてちょっと素直になるのもいいだろう!と思ったので、お誘いを受けた時には、二つ返事で承諾したのですが、ウチの夫は良い顔をしませんでした・・・。

『え〜。腹をつかって氷上を滑るペンギンを見るのってそんなに面白いかなぁ?』
『そんなもの深夜のPBS (アメリカのNHKみたいな放送局)で見られる』
だのと言って、乗り気ではありませんでした。


で、映画の感想なんですけど、
『ちょっと豪華なPBSの特番』という感じはしました。(笑)
モーガン・フリーマンが解説やってます。

でもやっぱり感情移入しちゃいます。よちよちと何日もかけて長〜い距離、種族存続のために無心に歩き続けるペンギン達は、健気でかわいいです。
人間ももうちょっと個人の損得に囚われた考え方から脱却しなきゃなぁ〜と感心させられます。
私達の勝手で、彼等の環境も破壊されつつあります。全く申し訳ないです!
一列になって、延々と何マイルも続くペンギンの行進は、圧巻でした。
おそらく一生行く事のない、南極の景色も美しかったです!しかし、寒そう〜。

長い行進のあと、パートナーを選択するペンギン達。繁殖期のみのパートナーシップだけど、寄り添っている二羽を見ると、ペンギンとして、本能以外に何か感じているのかなぁ〜と気になったりする。
隣では、夫が、『えっ、これだけ?ペンギンセックスのシーンが足らない』とぼやく。

懸命に子供に餌を与える親ペンギンの姿を見て、
私が『かわいい〜。』とペンギンの赤ちゃんに目を細めていると、
隣で夫は、『でもあれって、ゲロだよね、食べてるの。』
う。
『もう発酵してるだろーな、体温で。』
もう、無視、無視!

自然の在り方を受け止め、自分の宿命を静かに受け止めて、生まれ、死に行くペンギン達を見ると、人間って、見苦しい所があるかも、とちょっと反省。

夫のコメントにもめげず、無事鑑賞終了!
その後は、彼も楽しいビール+おつまみ+会話タイム。
楽めた夜でした。

帰り道での夫のコメントは、
『残酷な場面もあっさりしていたなぁ。
これならバイブルベルト(中西部から南部にかけて、キリスト教色の強い保守的な地域)でもクレームなしで、公開できるだろーな。』
でした。これは言えてるかも。

家族で見て良い映画だと思いました。私は結構こういう動物モノに弱いです。


よろしければ、是非ポチっとお願いします!
banner_02.gif
posted by march-hare at 00:05| Comment(15) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
この映画見に行きたいと思っていたとこです。
ドキュメンタリー映画としては
最近のsuper size meを超えた収益だそうで。

私も動物もの弱いんですよねぇ〜
あのペンギンにはチャックが付いてるんじゃないか?とか・・・

映画見てる時に横で色々言われちゃうとちょいと大変そーだ(笑)

うちの主人がmarch-hareさんのご主人タイプなのですが、
微妙に違うのは言った後、妻にドツかれるところですっ!(爆笑)
Posted by たけ at 2005年08月27日 01:21
あらら、、march夫さんったら、、

ちょっと古い記事ですが トラックバック送らせて頂きました (^-^)

私も動物ものに弱いんですよねぇ。。。
でも人間の都合で 住む所や生態系が変えられてしまうのは すごく悲しい出来事です。 皆が幸せでいられるようにしたいのにな。
Posted by septcandy at 2005年08月27日 03:49
たけさん
何でもアメリカ向けに、再編集されたそうです、この作品。
最近アメリカ、宗教国家化してますから、検閲がキビシイからでしょうか?
(だからペンギンセックスのシーンが短かった?!)

Super Size Me よりも収益があったとは、驚きですね!
『無難』な作品だからかなぁ〜。
どうせだったら、オリジナル版が見たかったな〜。
Posted by march-hare at 2005年08月27日 11:01
septcandyさん
candyさんの記事のほうが、画像もあって、いいreviewだったと思います!
こちらは、なんだかイメージが壊れちゃうような変なreviewになってしまいました。(汗)

動物ものを見ると、『かわいい〜』と和むのと同時に、
人間ってしょーがない奴らだなぁ〜と、思ってしまいます。迷惑かけてる相手が多いですよぉ。はっきり言って。
Posted by march-hare at 2005年08月27日 11:06
この映画、見たいです、すごく。
3才の子供でも楽しめますか?。。。

バイブルベルトって言う表現、初めて聞きました。。。なるほど!よくできていますね、ポチッ。
Posted by 猫オンナ at 2005年08月27日 17:00
猫オンナさん
こんにちは!
ファミリー向けの映画かもしれません!
普通のテレビの『動物もの』よりも、過酷なシーンは少ないと思いました。長さも一時間半と、短めだし。

3歳のお子様でも大丈夫じゃないかなぁ〜。
2歳児がいる友人夫婦は、DVD を買うと言ってました。

バイブルベルト。人口密度は両海岸ほどではないけど、結構広範囲に渡っていますからね〜。これでブッシュは得しましたよ。去年。
Posted by march-hare at 2005年08月27日 23:23
今日もいい天気ですぅ〜!
知らなかったのですが、これは編集されているんですね。

ペンギンのセックスシーンカットするなら、他の映画のシーンなんて無くなるだろーにとも思うのですが。
検閲がキビシイって基準はなんでしょうね?!

私もバイブルベルトって初めて聞きました!
ブッシュ地帯ですなっ!
Posted by たけ at 2005年08月27日 23:56
たけさん
ペンギンのセックスシーン検閲云々は、ジョークです!

フランス版から、どこが編集されているかは解りませんが、
モーガンフリーマンの解説の文脈も、ちょっと変化しているようです。

どこかのコラムで読んだのですが、
保守的(=宗教がらみ)な側からは、『家族愛』の象徴のように見られていて、ゲイ結婚反対の勢力には都合がいい映画らしいです。
Posted by march-hare at 2005年08月28日 04:03
そっか。失礼しました!冗談だったんですね!
イケてませんでした!(焦)

『家族愛』の象徴として捕らえる保守的派はとっても考えが偏ってますなぁ〜。
ストレートの私でも、別にそうは結びつきませんいうか、これはこれ!って感じですけどね。
やはり人の考えとは色々ですねぇ〜。
見に行って見ますね!
Posted by たけ at 2005年08月29日 10:00
たけさん
保守派はプロパガンダに使えるものはナンでも使うという方針みたいですね〜。
そうやってちょっとずつ偏った意見をメインストリーム化してる、という感じ。

偏っているといえば、人間本位で『ペンギンを擬人化しすぎ』という批評も聞きました。
それは、私の感想としては言えてると思いました。
Posted by march-hare at 2005年08月29日 11:04
marchさんのご主人像が私の中で完成されつつありますw。
引き続きレポ宜しくお願いいたします。

私は先日、星になった少年を見ました。
アメリカではやってないのかな?
日本で初めて象遣いになった男の子のお話です。
ペンギンと象さんで、象さんを選びましたw
こちらも良かったですよ。
ボロボロ泣いちゃいました。動物ものはねぇ〜

Posted by chika at 2005年08月30日 02:48
chikaさん
星になった少年ー こちらでは上映されてないみたいです。日本映画ですか?
もしかすると、1年くらい後にくるかも。
泣ける映画みたいですね〜。
ペンギンのほうは、悲しいシーンもあったのですが、ダウンプレイされていたので、『泣ける』シーンはありませんでした。

過去の記事で、ウチの夫の高校時代の事をちょこっと書いたのもありますよ。
http://groundhogday.seesaa.net/article/4502450.html
見た目じゃ解りませんが、かなり変人です。
そういう私もやっぱり変だろうなぁ。(笑)
Posted by march-hare at 2005年08月30日 11:04
スタンリートゥッチを勝手にイメージして遊んじゃいました。
お嫌いでしたらごめんなさいねm(__)m
ご主人に宜しくお伝えくださいませーーーー!!!
私もかなり常識的でつまらない人間だと思うんですが、友人に言わせると、かなりパンチが効いているそうで・・・w
人の評価はあてになりませんね。
まぁ当たらずとも遠からずって言葉もございますがぁ〜
Posted by chika at 2005年08月31日 17:35
chikaさん
あはは、スタンリー??誰?っていう感じでした。
思わずググってしまいました。(笑)

ハゲてませんよ〜。
家系は、北欧とスコットランドらしいですから、
(でも何故か酒に弱いんだな。これが)
トゥッチさんのようなイタリアン系とはちょっと違ってます。

でも童顔のくせに、結構オジサンの哀愁があったりするから、当たらずしも遠からず?でしょうかね!
Posted by march-hare at 2005年09月01日 05:20
女の勘・・・
私にはなかったようですね。残念でした。ご主人は日本語わかります



Posted by chika at 2005年09月01日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「皇帝ペンギン」
Excerpt: ペンギンさん達に会いに行ってきました{/kaeru_fine/} 約90分と ちょっと短めの映画でしたが、、「皇帝ペンギン」の生き様みたいなのが感動だった。 パパペンギンたちが ママペンギン達..
Weblog: ☆☆ 結婚します! ☆☆
Tracked: 2005-08-27 03:45

●March of the Penguins
Excerpt: チョコレートファクトリーからやっとreggaeton に軌道が戻ったかと思えば 今度はペンギンかよ!!! すいません。 いとこを連れて行ったんですよね。 寝るつもりで..
Weblog: What goes around comes around
Tracked: 2005-08-28 15:55

皇帝ペンギン。(March of the Penguins)
Excerpt: 「March of the Penguins」を見に行く。 ヤバイ!! ヤバイこれ面白すぎる!! あいつら、こんなことしてたとは・・・。 もうね、歩いてるトコとか、ヒ..
Weblog: きのうのつづき@USA
Tracked: 2005-09-06 04:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。