2005年08月22日

イスラエル連想

ガザ入植地からイスラエルが撤退しています。
パレスチナとイスラエル問題に終わりは来るのでしょうか?

突拍子もない事ですが、ふと、2000年余り前の、古代イスラエルの人々の遺伝子と、現在のパレスチナ人の遺伝子に、繋がりがあるかどうか研究してみたらどんな結果がでるだろう?なんて事を思ったりしました。
よく知らないんですけど、現代の科学のレベルで、可能なことなのではないかな〜。



イスラム教はユダヤ教やキリスト教よりもずっと後にはじまっているから、
当時『ユダヤ人』だった人々が、その後改宗したり、他の民族との子供を持ったりして、非ユダヤ化している可能性は、結構高いんじゃないかなぁ。
昔は国境も、政治情勢も、人の感覚も今とは違っていたと思うし。

何をいいたいかというと、
現在のパレスチナ人の多くは、ユダヤ人の祖先を持っている人々ではないかということ。
ずっとあの地方に先祖代時々暮らして来た人々には、現在アラブ人だろうがユダヤ人だろうが、古代のユダヤ人の血が流れている可能性は、ありえるんじゃないかなぁ。

アラブ人とユダヤ人が繋がっているだなんて、
アメリカ人でも、ユダヤ人でも、アラブ人でもない、
日本人で無宗教な私だから言えてしまう事かしら。でしょうねぇ〜。
やっぱり無知だからこそ、言えてしまうなことかもしれない。

でもアラブとヨーロッパ、アメリカとの関係にもひびくこのイスラエル問題、
なんだか宗教と近代史と政治的な問題で、視点が凝り固まってしまっているような気もします。
周りが感情的になっていると、逆に冷めた見方をしたくなってくるという自分自身のひねくれたところも出てるのかな。(笑)

もし、こんな研究が可能で、結果、パレスチナ人が古代ユダヤ人の祖先を持つ事が確認されたら、どうなるだろう。
同じ祖先の血を引いた同士が争っているということになる。
イスラエルの、『約束された地』は、パレスチナ人にも約束されていることも言えてしまう。今のイスラエル国家の論理に、説得力がなくなってしまう。
だから絶対にされない研究でしょうね。

個人的に民主主義を目指す国は宗教国家になってはいけないと思うので、
イスラエルには、ちょっと危惧しています。
もちろんジハードといってテロ攻撃をしているハマスも大いに危険だと思います。
とにかく神様から『約束された地』だの、神様の名において殺害行為など出来てしまうなんて、どうしても理解できないんです。

アメリカのユダヤ人で、イスラエルに移住する人々も多くいるようです。
アメリカはここのところ、テロリズムの影響で、かなりイスラエル寄りになっているし、アメリカ国内の有力なユダヤ人の影響もあり、どちらかというと報道も親イスラエル的。
かなりリベラルな新聞社(NYTimes とか)でもこの件に関しては盲点があるかも。
この手の話は、ユダヤ人の知人の前では避けています。
私は別にどちらの肩をもつつもりもないのですが、相手の気持ちを無視した事は言いたくないですから。
意見を持つことは、皆に許された権利だと思いますけどね。
だからこうして自己満ブログにカキカキしてしまうんです。(汗)

でも時々ラジオのBBCニュースなどで聞く過激ユダヤ教の人々が主張するイスラエル建国の論理をそのまま考えてみると、何だかすごく奇妙に思えるんです。
彼等の論理を正当化したら、アメリカン・インディアンをはじめとする、古代アメリカの主だって、似たような主張できることになるんじゃないの?

もし、インディアンの人々が、過去数百年余りこの土地に住んで、生活を築いてきた人々を、それよりもずっと昔の所有権にものを言わせて追い出す事になったらどうなる??
そして、追い出された人々は居場所のない難民となり、力関係で彼等に対する周囲のサポートがなかったらどうなる??
白人系によるテロリズムがきっと多発すると思うな〜。

もちろん、現実には、アメリカン・インディアンはごく小数で、欧米列強のコネも、世界的に確立した宗教もないし、世界的な同情も受けてないから、単なる歴史の敗者として貧困の中、特別地域に追いやられていて、お慰みにカジノを開くことを許されているという感じですけれど。

アメリカから、近年移民したであろう、ニューヨーク訛りの強いイスラエルのユダヤ人が、現代のガザ地域で古代の領地の権利を主張しているのを見ると、
ちょっと複雑な気分です。

何だかまとまりがなくなってしまった。
思考があちこちワープするものでして。(汗)

報道の印象で加害者と犠牲者、勝者と敗者の関係をそのまま鵜呑みにするのは抵抗があるんです。
今のアメリカ政府はかなりイスラエル寄りですけど、中東の国々への影響が多大なこの問題、欧米もこの問題に関わっているので、何とか協力して解決の方向へ努力してほしいです。
やっぱり世界って連動してますから。

無知な私の戯言でした。

こんな勝手なログを終わりまで読んでいただき、恐縮です。
何か感じる事があったら、押していって下さい。
banner_02.gif
posted by march-hare at 10:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記/エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パレスチナ人とユダヤ人が、血縁関係だったら。。。

兄弟喧嘩ですね。

身内って、こじれると大変。。。(笑)

911以来、アメリカのジャーナリズムが変わったと感じています。やっぱり親イスラエルって分かりますよ。。こっちからでも。

GWBの双子の片一方が「アメリカ初の女性大統領」とかになったら。。なんて、ポチッ。
Posted by 猫オンナ at 2005年08月22日 14:00
報道って ある意味危険だなぁって思っています。 情報をいろいろな媒体から得ることができる現代では その情報を自分で処理をしなければならなくなってますよね。 偏った情報だけを鵜呑みにしてしまったり、、 間違った情報が流れたり、 アメリカの大統領選挙も ある意味情報合戦でしたね。
情報を受ける側の教育が しっかりしていないとどんどん違う方向に流されていってしまいそうで怖いですわ。 
Posted by septcandy at 2005年08月22日 21:14
面白いですね。

正直よく解っていない私なのでここでコメントするには無責任極まりないのですが・・・

もっとシンプルに考えようよ〜

って割って入れるカリスマの登場まで解決の糸口は見つけられないものなんでしょうか?
でもそのカリスマは、いずれ殺されて、そして神格化される・・・
そして新しい宗教ができたら???なんて

私もかなりの飛びですよwww
marchさん比べたら、幼稚園児ですけど。
宗教戦争となると、想像力及びませんよね。

9.11の後、小泉さんはあまりにもすぐにブッシュ支持の公式声明をして、がっかりでした。
日本は中東からイメージ悪くないはずだから、もっと互いに歩み寄らせる糸口を探せる立場にあったはずなのに、そのチャンスをあまりにも簡単に手放してしまったような気がしてなりませんでした。
世界は連動しているからこそ、目先の都合にとらわれちゃいけないのに・・・
そう思っている日本人がいても、国単位では見えてこないだろうし。

ぬぅおぅぅぅぅぅぅ〜! になっちゃいますね。




Posted by chika at 2005年08月23日 02:00
猫オンナさん
人類みな兄弟!なんて事いってたおじさんがいましたよね。
でも中国から中東にかけての人口の約8%はジンギスカンの子孫であるという発見が研究で解ったとかって、去年NewYorkerマガジンかなんかの記事にのっていたから、あれだけ小さな地域だったら、何か可能性ありそうな感じ、するんですよねぇ。

アメリカのジャーナリズムの質は、911後、特に低下したかもしれません。牙を抜かれた感じです。
あ、あと『共和党の広報塔』のFox News Networkも大いに質の低下に貢献してますね〜。
同じイラクとかイスラエル関連の報道でも、BBCなんかと比べるとほんとに態度が違っていて、まぁ面白いといえば、面白いですけど・・・。
ニュースもある意味フィクションなのね、って感じです。
Posted by march-hare at 2005年08月23日 08:23
猫オンナさん
そうそう、
ブッシュ双子〜!!!やめて欲し〜。でもありえそう。
どちらでしょうね。
私はジェナかな、って思います。
やっぱり飲酒にからんだエピソードがあったり、
マスコミに舌を出すところとか、父に習って厚顔な政治家になる『素養』がありそう。
その頃には、カナダかニュージーランドに移住しますよ、私達。
Posted by march-hare at 2005年08月23日 08:27
septcandyさん
情報を受信する側に要求されるものがますます多くなってきてますよ
ね。

まぁ、今までもそうだったのかもしれないけど、技術の発展があって、ここまで情報に圧倒されるまで気付かなかったのかなぁ〜って思うところもありますが。

>アメリカの大統領選挙も ある意味情報合戦でしたね。

そうですね〜。
大統領選は、まさに、プロパガンダ合戦でした。
先に大衆に印象を『擦り込んだ』ほうが、勝ち!!って感じでしたよ、ホント。
Posted by march-hare at 2005年08月23日 08:34
chikaさん
chikaさんのシナリオも面白いですね〜。
日本もあんまりアメリカに肩入れしているばかりじゃ、評判落ちちゃうよ〜!ってちょっと心配してます。
目先の都合は政治家の弱点ですよね。

もっと突拍子もない事を言っちゃうと、
実は、世界政府が出来てしまえばいい!って思っているのです。今までの有利なポジション保持に固執するアメリカよりも、各国の協力態勢を模索するEUのほうが、前向きなアイデアを持っているような気がするんですよ。ま、EUも問題かかえてますけどね。

詳しくもないのに、ほんとに勝手な意見なんですけど、
何だか周りを見ていると、今までの体制はどこかいきずまってる!とは強く感じます。
新興宗教でも始めたほうがいいのかな?どうだろう。
とりあえず、
ぬおおぉぉぉぉぉ〜〜〜っつと言っておこうっと。(笑)
Posted by march-hare at 2005年08月23日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。