2005年08月16日

Home Depot 談

homedepotout.jpg最近ちょっと作業場改良でいろいろと大工作業をする必要があり、数日置きに通っているのがHOME DEPOTというドデカい木材、工具スーパー。

フランチャイズの店で、各州に店舗があり、スタジアムサイズの店内には、いろんなマイホームのパーツがいっぱい!
広いし、ものが見つかりにくいので、一度入ると、すぐには出てこられません。(笑)
迷宮のようなお店。

とにかく何が何でもマイホームってのがアメリカンドリームの最低ラインだから、ちょっとくらい問題あっても家はとにかく購入、自ら修復、改良する!なんていうのは珍しい事ではないので、この手のお店の需要は高いみたいです。
地元の建築業者さんの御用達でもあります。
日本じゃこんなお店は見かけた事はなかったなー。
たいていは業者さんにやってもらうのでは?

homedepot inside.jpgこのお店でいっつも気になるのが、いいかげんな店員。
ほぼ50/50の割合で、どこに何があるのか教えてもらえない。

まず店員Aに聞くと、『あ、あそこにいるBに聞いて。』と言われ、
Bには、『XXコーナにいるCなら知ってる』と言われ、
ゼーゼーいいながらCの元へ辿り着くと、『ん〜そんな品物、取り扱ってないかなぁ。』
ってなる事もしばしば。
それでもって、帰り際に、自分でひょっとして〜と思い付いたセクションに寄ってみると、探していたものが見つかって一人密かに(広過ぎて周りに誰もいない)ブチ切れした事もありました。
空しー。

この前なんか、1個買ったものを6個分で計算されて、すぐに指摘してもちっとも数字が解っていない会計の人もいた!この人が解ってその場で取り消してくれればそれで済んだのに、広い店内、カスタマーサービスまで往復する始末。

アメリカに長く住んでみて一つ思ったのは、苦情を言う時、意外に強く言うのが逆効果だということ。
日本だと、お客さまはいつもエライので、苦情の対応には平謝りという感じが普通だから、堂々と主張する価値もあるけれど、こちらだと、逆ギレされる事が多い。
個人的に攻撃されてるって捉えるのか、負けないくらい強く対抗してくる。

なので、試行錯誤のの結果、定番になった苦情スタイルでは、できるだけスマイルをくずさず、温和に必要な事をはっきり伝達し、相手に『お願い』するように努めている。内心は血管浮いていてもネ。
ムカついても、結構このほうが、能率がよかったりする。


今回は、簡易収納スロットを倉庫エリアに作るために、いくつか木材を買うだけだったのだが、長すぎるのでカットしてもらう必要があった。
希望の長さは6フィート半。(約198cm)インチで言えば、1フィート=12インチだから、78インチ。
やっとつかまったお兄ちゃんに、カットを依頼。
『6フィート半お願いします』
返事がない。も一度繰り返す。
『オッケー、オッケー、わかったよ!』横柄な態度はここでは普通。
お兄ちゃんがカットする機械をセットアップしている。
心配になってまた、『6フィート半ね。』と念を押す。
にらまれた。(!)
大きな音のあと、私の木材は切断され、乱暴にカートに積まれた。
あなた、生理前? 男はないよね、そんなもの。

もうお察しの通り、この兄ちゃん、人の言う事を聞いてませんで、
しっかり『6フィート』でカットしてくれちゃってました。
ちなみに、私の英語の訛りはほんの僅かです。
私もちょっと油断して、テープメジャーを持参してすぐに確認しなかったのも失敗でした。
でもあれだけ言ったから・・・。
これに気付いたのは組み立てようとした時です。一人で雄叫びをあげてしまいました。
結局この木材は別の用途にまわしましたけど、
また行ってこなければならないハメに。(泣)
もー、今度は切りのいい数字しか言わない!7フィート!!
(半っていうのも、切りのいい数字と思ったんですけどね〜。甘かった。)

アメリカの個人主義のDo It Yourselfっていう意識って
誰にも安心して任せられない!っていうサービスの質の悪さに養われている所も絶対あるっ!!と毒づいてしまいましたヨ。今日は。

訪問記念に、どうぞポチって押して行ってください!とても喜びます。
banner_02.gif
posted by march-hare at 14:03| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記/エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です(>_<)
お気持ちお察し致します

それではここで問題です!>皆さんよかったらご参加ください

>一人で雄叫びをあげてしまいました。

さぁ、雄叫びは日本語、英語 さてどっち?

英語かな〜??? いつもスミマセンm(__)m
Posted by chika at 2005年08月17日 00:10
たぶん「ぬぅおおおぉぉぉぉぉ〜〜〜〜!!」

、、、って叫んだ。

私だったら、、たぶん、、
「ぬぅわんだとぉ〜〜〜
   こるぅあぁ〜〜〜〜!!!」ですね。。。

しかし、、大変な目にあっちゃいましたね。お察し致しますわ。。。
そんなに店員の態度がひどいんだぁ。ホームディポ、うちの近所に今まさに建設中!
ホームディポってたしか たいそうなコマーシャルやってるよね。「私たちがお手伝いします!」みたいな。 なんかイメージ狂っちゃったなぁ。
私はまだ行ったことがないのです。 
marchさん、、自分で大工仕事してるの??
Posted by septcandy at 2005年08月17日 04:22
chikaさん
あはは、chikaさんはホントに視点がユニークですね〜。

お答えは、
あッ、#@^%$!!!(英語4文字語)ばっかやろ〜〜〜〜っ。
って感じでした。

咄嗟の反応は日本的、
英語の4文字語は日本語版よりも表現が強烈なのでより感情的な効果がでる。
で、最後はちょっと哀愁のある、『ばかやろう』で締めくくりました。(笑)
Posted by march-hare at 2005年08月17日 06:01
septcandyさん
何か、ぬぅおぉぉぉぉ〜も味がありますね。
自然ににぎりこぶし作っちゃう感じです。
candyさんバージョンは、ちょっと舌がよく回るテクが必要かも。(笑)私には上級編です!

『私達がお手伝いします』なんて大嘘!!
時々、親切なおじちゃんがいるけど、私の経験では広い店内で、従業員は顧客から隠れているっていう感じですよ〜。
近所に2つあるんだけど、この辺のは両方ともサービスよくないっ!

ベーシックな大工仕事は自分でやっちゃいま〜す。
電ノコとかラウターとか、女性が持つものではないよーなマイ道具をいっぱい持ってます。
コレクションは、夫よりあるんですよ〜。(笑)
Posted by march-hare at 2005年08月17日 06:14
ひょえ。。 marchさん、自分で大工さんしちゃうんだ。。 すっげぇ〜〜。

じゃ、ちょっと、うちのクローゼットに棚を一つ作ってくだちゃい。
Posted by septcandy at 2005年08月17日 07:41
「ぬぅおおおぉぉぉぉぉ〜〜〜〜!!」

いいなぁ!
結構コレ好きです。
読んで笑って、自分で言ってみても尚、笑えます。素敵な表現ありがとう!
今度実生活において使ってみたいと思いまふ♪
Posted by chika at 2005年08月17日 23:49
septcandy さん
夫の所に引っ越した時に、最初にやったのが、『棚作り』
収納に困っていたのでね〜。
クローゼットの全てに作りましたよ!カスタムメード棚の数々。(笑)
Posted by march-hare at 2005年08月18日 01:24
chikaさん
私も、この次のHOME DEPOT行きでムカついたら、是非試してみたいと思います。こぶしつくって。
Posted by march-hare at 2005年08月18日 01:27
これ、分かります!
本当こちらのサービスは適当ですよ!
実は昨日似たような経験しまして、
ちょっと煮えくり返っております。(笑)

ご自分で何か作られるんですね!
器用に色々出来ていいですねー!
Posted by たけ at 2005年08月18日 23:52
たけさんも犠牲に!
避けられませんよね、こちらで暮らしていると、
サービスでムカッ!ってなる事。

それで苦情を言うと、こっちが悪者みたいに見られるの。
態度悪!
こんなんじゃ他国に負ける!って毒づいちゃう。
Posted by march-hare at 2005年08月19日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

TAX FREE de SHOPPING!!
Excerpt: TAX FREE DAY!!やってまいりましたぁ〜って感じで楽しみにしていたはずが・・・ こんなお買い物で終了してしまった&amp;#63909;&amp;#63898;&amp;#63898; 2日..
Weblog: Comment allez-vous?〜アメリカdeスローライフ〜
Tracked: 2005-08-17 08:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。