2005年08月01日

Charlie and The Chocolate Factory (2005)

ネタバレがあるかもしれません。
昨晩、Charlie and the Chocolate Factory をば観に行ってまいりました。
映画の評価に厳しい夫は、ハリウッドのメジャー配給会社の映画はいつもパスしたがるのですが、私がジョニー・デップのウィリー・ウォンカを観たいがため、嫌がる彼を無理矢理つれていきました。
行ったら結構楽しんでいるようでした。(笑)

もう皆様いろいろ書いていらっしゃるので、感想のみにしておきます。
ジョニー・デップの顔の筋肉のコントロールには脱帽でしたし、(笑)グリム童話の原型をちょっと彷佛させる、ティム・バートン監督お得意のマジカルでちょっとダークな雰囲気もよかったです。eye-candyという言葉を思ってしまう、カラフルで想像に満ちた画面も楽しめました。最初の虫のような機械がチョコレートを包んでいく様が個人的には一番気に入ってます。

内容的には、
チケットを手に入れた子供達とその親との『この親にしてこの子あり』の関係の描写がとっても面白かった。映画では誇張されているけど、こういうタイプの親子っているかもって思っちゃった。
夫はジョニー・デップ演じるウィリー・ウォンカを、『Psychosisだよ、これ』と診断(?!)していました。そういう精神状態の演技としてはなかなか説得力があったそうです。(笑)
でもですね〜、前半の魅力的な展開が、後半にあっけなく家族愛〜!にまとまってしまっていたのが、ちょっと尻すぼみな感じがしましたネ。ハッピーエンドでも、どこかもっと奇妙で、甘くも影を残すような複雑さが欲しかった!と個人的には思いました。
ま、子供向けの映画なんだから、あんまり注文つけてもしょうがないですけど。

夫はその昔、子供の時に原作の本を読んで、とっても恐〜くなったそうです。
何故かというと、好奇心の塊で、常にWhy?と聞き返し、やっちゃダメよ!と言う事を試さずにはいられない子供だった彼は、絶対にチャーリーのようにチョコレート工場を譲ってもらえないと思ったそうです。
必ず罰せられる!と思って怖くなったそうです。(笑)

全く見方を変えれば、チャーリはとってもいい子だけれども、すっごく従順で、唯一何もしなかった子供です。
だから失敗が全くなかった。
理想的だけれども、それって現実的?とも考えられますね〜。
原作ではチャーリーにも失敗があったそうです。どうせなら、チャーリーが失敗からどう復活するかで、コンテストに勝利するというシナリオが欲しかったナ、私は。

個人的には惜しい!という部分もありましたが、とっても楽しめました。
星★★★(5つ星内)かな。


足跡の代わりにポチっと押してもらえたらとっても嬉しいです。
banner_02.gif
posted by march-hare at 23:07| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさい、march-hareさん!

私もこの映画見ましたけど、本当楽しかった!
ちょっとダークな感じもそれまたウケて。
ジョニーの顔の表情の演技力、凄いもんです。
Posted by たけ at 2005年08月02日 03:52
たけさん
ただいま〜!

ヴィジュアルもすごく綺麗だったですし、大人も楽しめる、良い作品でしたね!
演技がゲイっぽくなる一歩手前!のギリギリの所で押さえて、怪しげな年齢不詳のワンカ氏を演じたジョニーのセンスが光っていたように思いました♪
Posted by march-hare at 2005年08月02日 09:38
marchさんも 見てきたんですね(^▽^)/

私もジョニー・ディップの表情の演技にすごく注目してました!! 彼ってすごいって思ったわ♪
いつの間にか 彼のペースにはまってた。
私は原作も 前作も知らないで見たので すごくおもしろかった!!!
まったくこの親にしてこの子ありの描写もすごかったなぁ。 極端に表現してるけど これくらいのほうが分かりやすくてよかったのかも。

私的にはすごく気に入った一本だったので DVDが出たら もしかしたら買っちゃうかも!!(^-^)
Posted by septcandy at 2005年08月03日 00:05
septcandyさん

親子関係、笑えましたよね〜。
特にヴァイオレット(トロフィー集めしている競争心の塊みたいな子)と彼女の母親は、笑えてしまった。
あれをちょっと薄めた感じの親子って、見かけますよ〜。

あと、超リッチな父親の隣で、アル中になりつつある憂鬱な有閑夫人のヴェルーカのお母さんも、居そうな感じ。
単なる子供向けに終わらないダークなパロディーがよかったですネ。
Posted by march-hare at 2005年08月03日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チャーリーとチョコレート工場 / Charlie And Chocolate Factory
Excerpt: 行ってきましたチャーリーとチョコレート工場。 ネタバレあるので以下反転しておきます。毎度の自己満足映画評です(嬉) これから行かれる方は、読まない方がいいです、絶対!!! 見たら、改めてきてくだ..
Weblog: プリザーブドフラワーのある暮らし・河野ちかさんのダイアリー
Tracked: 2005-09-26 12:22

チャーリーとチョコレート工場 / Charlie And Chocolate Factory
Excerpt: 行ってきましたチャーリーとチョコレート工場。 ネタバレあるので以下反転しておきます。毎度の自己満足映画評です(嬉) これから行かれる方は、読まない方がいいです、絶対!!! 見たら、改めてきてくだ..
Weblog: プリザーブドフラワーのある暮らし・河野ちかさんのダイアリー
Tracked: 2005-09-26 12:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。