2005年07月26日

Hummerが似合ってしまう男

久しぶりにFさんネタです。(過去のFさんネタはサイコ・ロジカルな話のカテゴリにていくつか読めます)



彼のお話を知っている方は、彼のキャラクターが何となく解って来ていると思います。
夫の親友で、ハンサムで、ゲイで、お金持ちです。
最近、彼は都市にある家を売り払い、(ほぼ倍の値段で売れ、ミリオン値がついたそうです!驚)
郊外の、森に囲まれた広〜い敷地のついたお家を買いました。
何でも、現在の彼の恋人は馬の調教師で、彼と一緒に乗馬の出来る敷地を選んでの事でした。
(はぁ〜。何でこの人私達とお友達なの???)

ユニークで魅力的な彼ではありますが、金銭感覚とpoliticsに関してはどうしても私達とズレがあります。特に夫はbleeding heart liberal(この言葉の意味は過去記事ミスマッチ?だからベストマッチ?を参照)ですから。

去年彼は珍しいスポーツカーを買いましたが、都市から離れて自然の多い環境へ引っ越すにあたり、雪の中でも、丘陵地を楽に移動できる新車が欲しくなったそうです。
この辺でもう私はや〜な予感がしていたんですよね。

Hummer-H3-ill.jpg彼はHummerの購入を考えているそうです。
あ〜あ。やっぱり。

Hummerといえば、アーノルド・シュワルツネッガーの愛車、イラクでも軍専用車として使われている、ドでかい戦車のようなもの。
Hummerなんて、私らリベラル夫婦にとっては、SUV以上に忌み嫌うアメリカの傲慢棚上げ主義のシンボル。
燃費は最悪、よって環境にも対外政策にもよくない車です。
ドデかいボディーで周りを威嚇しながら走っているのを見た事があります。
(SUVタイプの車については過去記事、SUV人気に観る、アメリカ消費者の不合理な選択で書いてます。あと石油おねだりしている場合じゃないゾという記事でも燃費の悪い車を消費するアメリカの中東に対しての偽善的な政策についてちょっと書いてます。)

Fさんにとっては、別に彼一人どんな物を所有しようが、彼の自由なんでしょうけど。
私はど〜もカッコ悪いと思うんですよね〜。デザイン的にも。
結局は本人の自由とは思いますけど、買って運転する事によって、Hummerが象徴するものを支持しているようで個人的にはものすごく引いてしまいますね〜。


Hummerを運転するのは今時倫理的でないヨなんて言えば、
Fさんだと喜んで即買って来そうなので、
人気下降中のカリフォルニア州知事と同じ車なんて、カッコ悪〜!という線で、
説得を試みたいと思います。無駄な努力のような気がするんですケド。

よろしければ、ポチっとお願いしますね!
banner_02.gif
posted by march-hare at 00:45| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記/エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やった!コメント一番乗り!!あはは(^▽^)/

待ってました「親友F氏」ネタ!!!
さすが、、彼はやってくれますね。 家を売り払って 彼氏と楽しむ為に郊外に引っ越す。さすがだ、、。あっぱれですな。ある意味期待を裏切らない行動だったりして、、。 それにしてもHummerを欲しがるとは、すごいですな。 どこに欲しがる根拠を見いだしたのか?そこの所が気になる。ぜひF氏に その「欲しがる根拠」を尋ねて欲しいなぁ。
Hummerを諦めさせて、、やっぱり薦めるのは「日本車」かな?? 世界のTOYOTAに乗るかな?? 後日談を是非聞かせて下さいませ!!!
Posted by septcandy at 2005年07月26日 02:35
Lexusに乗って欲しいですね。
Hummerも悪くないと思いますよ。
車に興味を持ってなさるのは素晴らしいことだと思います!
もしかしてmarch-hareさんは、車に興味がないのですかね??
Posted by Castor at 2005年07月26日 04:06
septcandyさん
いえね、Fさんの根拠はそれ程カッコのいいものではないのですヨ。
彼、別にカーキチという訳でもなく、単に何を買うにしても豪華で人目を引くものが選択のモットーになっているだけです。(笑)ホント。

今までずっとドイツ車ばかりだったのですが、個人的には環境問題や対外政策を考えてプリウスみたいなハイブリット車に乗ってほしいけど、多分それは期待のし過ぎかと。
せめてHummer はやめて欲しい!!
理由は詳しくCastorさん宛のレスに書きますので。
Posted by march-hare at 2005年07月26日 22:22
Castorさん
これは趣味というよりも価値観の問題だと思うんですヨ。
お察しの通り、私は車なんて、道具と思ってますから、メンテナンスが楽で、小ぶりで、燃費が低ければ、別に何でもいいのです。

私がHummerを勧められない理由を挙げると、
1. 燃費が最悪=ガソリン浪費=排気ガス=環境に悪い。(温暖化)
2.ガソリン浪費=アメリカの原油確保のための横暴な対外政策を支持する事にもつながる。これに乗るならイラク行ってこい!!!
3.このタイプの車は都市運転のテストで、周りの車や歩行者に危険という結果が出るんです。事故殺傷率が高い。Fさんよく事故るので怖い。
4.Fさんの使用目的を考えると別にこれでなければダメって訳ではない。
5.Hummerの親会社GMは過去にもずっと排気ガスの基準を緩和させようと政府機関に圧力をかけてきた。京都議定書のアメリカの態度の後ろではこういう大企業が糸を引いている。こんな企業の製品を買って欲しくない。

という訳で、Hummerなんかに乗っている人を見ると私には良識に欠ける成金趣味としか映らないのです。
それってものすごくカッコ悪い〜。そう思ってる人、アメリカでも多いですよ。
Posted by march-hare at 2005年07月26日 22:38
うちは主人が卒業したらプリウス購入予定。
やっぱり環境に優しいという理由から。
Hummerも場所によってはいいのか?もしれませんが、ニューイングランドだとしたら、歩行者に少し当たっても、ひき殺しそうな破壊力。
それに排気ガスの量、半端じゃないですよ。
ガス撒き散らしてというか・・・。

そうなの、march-hareさんがおっしゃる通り基準を緩和させろという企業の傲慢さ!自分たちの利益しか追求出来ない利己的な態度がムカつきますね。まさにHummerそのもの!

Castorさんのように車のデザインとか詳しいことは正直分からないので何とも言えないのですけれど、米国内でも結構march-hareさん・septcandyさん・私のように思う人達が多いのは事実ですね。
Posted by たけ at 2005年07月27日 01:12
Hammerって威嚇して走っているようで、怖いですよね。
結構最近のニュースで、ハイテクエコカーの話を聞きました。夢の電気自動車だそうで東京〜名古屋までの走行費300円。もちろん高速代は別ですw

一応こちらね♪
http://nikkeibp.jp/sj2005/column/d/02/index.html

デザインは変更の余地ありですね!!!

プリウスワゴンがでればいいのになぁ〜
ってうちの兄、実はそこの設計者なんですが・・・
Posted by chika at 2005年07月27日 03:07
たけさん
プリウスいいな〜。うちはまだ買い換えが必要ないけれど夫は次は是非プリウスにしたい!!って言ってます。

やっぱり家で飾っておくだけっていうものじゃないから、どうしてもいろいろ考えちゃいますよね。特に今の時代は。
友達として、Fさんにもはっきり個人的な意見は言っておいた方が、誠実かなって思うんですヨ。本人気にしないと思うけど。(笑)
Posted by march-hare at 2005年07月27日 09:34
chikaさん
この電気自動車、すごい!
またもや保守的なアメリカ自動車産業、日本にしてやられる事間違いなしです!
アメリカが怠惰にSUVでボロ儲けしながら排気ガス基準にケチつけてる間に、他国は新境地求めて省エネ車の開発をしてるんですよね〜。

そうですネ。デザインは、もちょっと改良した方がいいかも。(笑)

プリウスワゴン、環境の未来を心配する家族に絶対売れそう。期待してます。
Posted by march-hare at 2005年07月27日 09:46
正直主婦の目線からでもガス代はバカになりませんし、あの技術凄いです。
まぁー、初期のプリウスは問題点いっぱいなんですけど、ドンドン克服して頂きたいですね。
デカプリオはハリウッドエンターテイナーとしては珍しくプリウスしか乗りませんよね。環境にうるさい方なのだとか。

Chikaさんご紹介の電機自動車凄いですね。こんなものがあったとは。こんな技術を持ってるとは、日本の車に関してはまだまだいけそうですね!(嬉)

でも思ったんですけどHummer好きな人はただ単に好きなんだと思います。
Fさんの説得はかなり難しいかと・・・。(汗)
Posted by たけ at 2005年07月27日 12:59
たけさん
最近スターもプリウス乗る人増えてますよね。
いいブームじゃ。(何故か翁風)

う〜ん。Fさん説得困難だと思うよね〜。
ミニクーパーを運転するFさんの恋人にちょっと手伝ってもらうかなぁ。
Posted by march-hare at 2005年07月27日 13:43
日本の自動車会社頑張ってますよw
詳しいことは教えてもらえませんが、アメリカに多いこの手の車にどう食い込むか、現調しにこちらに出向いてます。内緒w これくらい平気だよねぇ?

坂本龍一の記事で、グラミーの時にプリウスで来るのが今はカッコいいんだとありました。 ディカプリオ、次は受賞できるかとw LOHASっていいですね。SLOWというより、滑らかに受け入れられそうで。アメリカ発信だそうですが、私はつい最近知りまして。

こちらのブログに参加できて嬉しいです。同時に皆さんとお話できて・・・キャッ♪ ちゃっかりお仲間気分ですぅ。

そうそう!シンボルスカ届きました。今かみしめつつあります。そのうち感想書きに来ますよ。
詩は静かに読みた〜い。願わくば、船の上で! そのシチュエーションが最高です。
これからもシェアしてくださいませねん(^_-)-☆

Posted by chika at 2005年07月28日 01:56
>プリウスで来るのが今はカッコいいんだ

色んな意味でそうだろうと思います!
主人が調べたところによれば、プリウスは現在USで半年待ち以上だとか。ほぉー♪

それに、現在USで流れているプリウスのコマーシャルが可愛い!
リチャージについてGFに説明する男性。
「ほら、いまChargeしてるんだよ!」って、何度も何度も運転中に止めて見せるのです。(笑)
Posted by たけ at 2005年07月28日 02:18
chikaさん
私の夫(アメリカ人)は大の日本車ファンですヨ。
最初の車からトヨタですから!

確か女優のカースティン・ダンスト(スパイダーマン)もプリウスに乗っているらしいです。
でも彼女が深夜番組で自分の車はプリウスと言った時に、ホストに「あれ、ブレーキでチャージするんだよね」って言わても、ヘ?と全く知らなかった〜ってお顔をしてましたけど。(笑)

プリウスの人気でハイブリッド車競争になる事を願ってます。

私のほうはまだイリュージョン届いてません〜。
早くこないかなぁ。
私の理想の読書の場は湖畔の木陰のハンモックかなぁ〜。
傍においしい飲み物と、スナックとぉ・・・。
すぐ食い気の話になってしまいますが。(汗)
これからもどうぞよろしく!
Posted by march-hare at 2005年07月28日 10:12
たけさん
そうですよね!私もそう思います。
知的な選択がカッコイイですよ!

半年待ち・・・実は、義理の両親が去年プリウスを待っていたのですが、ついにしびれを切らしてホンダのインサイトというハイブリッド車を代わりに買ってました。
トヨタさん、もちょっと供給何とかならないのかな〜。
私達が買い替える時には定番の車種になっているかな??
Posted by march-hare at 2005年07月28日 10:22
日本車の評価高いんですね〜。まぁ日本でもわざわざセルシオ乗らずにレクサス乗っている人結構いますよ。ある意味ファッション?かと思ったけど、内装のグレイドがはるかに違うと・・・夫の談。
日本の逆輸入、文化レベルで感じます。もっと自意識を確立しようジャパニイズ♪ってか〜?

何年か前のメグ・ライアンの映画でお父さんがウォルターマッソーの・・・
その中で『私はいつまでたっても日本車だし・・・』ってぼやいてるシーンがあって、ちょっとへこんだんですけど、時代は変わったんですね。
いやがや、隔世の念です・・・w
Posted by chika at 2005年07月28日 12:23
chikaさん
今じゃその映画のセリフ、
『私はいつまでたっても日本車だし・・・』どころじゃなくて、
『私はいつまでたってもアメ車だし・・・』に変わりつつあるかも(笑)

でも地方に行くと、道で見かける一般的なアメ車の率が高いですね〜。
やっぱり都市の人程変化に敏感でないという感じです。
見聞の広いアメリカ人の間では、アメリカ的なという言葉が、不粋なという意味を持つ場合が出て来てますヨ。

>日本の逆輸入、文化レベルで感じます。もっと自意識を確立しようジャパニイズ♪ってか〜?
こちらに来て、日本の文化や思想がまた違った角度で理解できたような気がします。
水中を泳いでいた最中は海の景観が見えなかったという感じです。
でも泳いでいないと泳ぎ方もなまってくる・・・これも比喩です。(笑)
Posted by march-hare at 2005年07月28日 23:51
追記

>友達として、Fさんにもはっきり個人的な意見は言っておいた方が、誠実かなって思うんですヨ。本人気にしないと思うけど。(笑)

march-hareさんの『マル秘大作戦』ですね。
なんか楽しそうですねぇ。いいなぁ
こっそりいろんな作戦を試みて、遊んじゃってくださいよぉ。頑張りすぎると疲れちゃいますから、この際、結果はどうでもいいですよw
果敢に挑む姿で1本映画撮りましょう♪

あっコレ結構いいかも!
マイケルムーア、読んでるかなぁ?

立ち上がれ女性たちよ!>なんちゃって


京都議定書にしても、アメリカは何事において経済(企業)が牛耳っている感強いですよね。
それだけ傲慢になれるのも、資本主義における勝者のつもりなんでしょか?
まぁ、それに比べて日本は談合大好き♪社会ですから・・・自立ってなぁに?ってなもんですよぉ〜独自路線なんてもう怖くて怖くてw
Posted by chika at 2005年07月29日 00:11
chikaさん
Fさん、非常にユニークな人で、ちょっとあまのじゃくな所があるんですヨ。だから、あんまり真っ向から反対すると、喜んで実行しちゃうので、いかにHummerが、知的でなくダサイかと、事故の危険という点を、強調したいです。
スマートに見えるかという点と、訴訟の恐れは、気にすると思うので。(笑)
やるだけやって、後はも〜知らん。
絶対乗りませんよ、ホントに買ったら。

>京都議定書にしても、アメリカは何事において経済(企業)が牛耳っている感強いですよね。

拝金主義が全体的に人々の感覚を鈍らせているような気がします。
ホントにいいものを見る目が失われているというか。
個人のポリシーよりも流行やステイタスシンボルで、物を選ぶ人が増えてます。

コスト切り詰めボロ儲け主義で、物の質も、サービスの質も下がるし。
何てったって先進国の中で一番貧富の差がある国ですからね〜。
アメリカで最も貧しい人は、先進国のどの国の最も貧しい人よりも生活水準が低いとか、あるカリフォルニア大の教授が言っていたそうです。

何気にオカネをいくら稼ぐかで人の成功を測る意識が一般に根付いているみたいで、文化系はちょっと淋しい感じがしますヨ。

何かコメント交換、楽しいですワ。
Posted by march-hare at 2005年07月29日 05:33
毎度〜♪
今日うちの兄に電話で話をしまして、こちらで盛り上がっているプリウスの話をさせて頂きましたw
当初の見込みで、アメリカでこれだけの支持を得られるという見込みがなかったそうで、現在の状況に、日本向けを製造していた工場を変更してアメリカ向けプリウスを増産している状況だそうです。それでもまだ追いつかないらしい・・・

プリウスがこれだけ受け入れられたのは、ハイブリッド表示が目立つという事もあるみたいで、他社製のエコカーでもハイブリッド表示がない車は、あまり評価されてないから・・・って言っておりました。

プリウスワゴンでないの?という私的な問いかけに対しては、今ワゴンの需要少ないから、ワゴン→ミニバンが主流で、私の意見はもはや過去のヒトだそうですorz

セルシオ&レクサスにしても作っている側からすれば、国内向け、海外向けの交通事情等に合わせて、サスペンションのチューニングを変えてるから、オプションの革シート等がちょっと違うくらいでチョイスするのは???やはり『おっされ〜なんじゃぁないのLマークが・・・』という事でした。

といたって普通のコメントですが、一応ご報告でちゅ。それでは、皆さんまた会いましょう!
日本から袖振る私です。
(^^)/~~~
Posted by chika at 2005年07月31日 21:58
chikaさん
ふう〜ん。ワゴンよりもミニバンなんですか??
知らなかったです。個人的にはワゴンの方が好きだなぁ。

フォードもハイブリッドのSUV開発に力を入れているとか聞いてますけど、燃費は良くなっても、安全性の上でもトラックと同じ基準なので、SUVはよくないって聞いているんですけどねぇ。
何でもデカイのがいいアメリカなんでしょうか?

ま、このままいけばあと30年未満で気候は変わってしまうと思いますので、何とかエコカー開発、普及に頑張って欲しいです。

ふと思ったんですけど、タクシーなどを皆エコカーにしたら、ニューヨークとか、空気の質が変わるだろうなぁ〜って最近思いました。
歩いているだけで汚れそうな感じですもの。今は。
Posted by march-hare at 2005年08月01日 06:56
うちの兄は、タコマ?とかいう車のシャーシー&ブレーキを設計しているそうです。私は見たことないんですけど。今度試乗してダメだししてくださいwww
Posted by chika at 2005年08月23日 02:41
chikaさん
タコマ、聞いた事があります。どんな車なのかイメージがちょっとはっきりしませんが。
あれってピックアップじゃなかったかな??
あれはchikaさんのお兄様の手掛けた車なんですね!
なんだかタコマが素敵に見えて来た。

そうそう、この前、雑誌でレクサスのハイブリッドの広告を見かけまして。
Fさんにはこれもいいんじゃん??!とも夫と言っていたところだったんですよ〜。
Posted by march-hare at 2005年08月23日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。