2005年06月30日

ブッシュ・スピーチに対する勝手な感想。

今日はとってもつまらない話題を。
周囲にニュースジャンキーが多いので、わりと政治やニュースの話が頻繁に入ってくるものでして、
おまけに普段テレビとか見ないから他の話題がないんだも〜ん!つまらない方、パスしていいですよ〜。


bushie.jpg昨日(28日)ブッシュさんがテレビ中継で、高まるイラク戦争への国民の不満をなだめるべく、言い訳と正当化の演説をしたんですけど、内容は予想したどおり,
虚勢を張るという感じで、中身は大した事なかったです。相変わらず厳選された観衆の前でしか話せないブッシュさん、命令にきっちり従う訓練を受けた兵士の前での「朗読」でした。

スピーチの内容は、下に続く、使われた単語の回数が示唆するようなものです。


References to “September 11″: 5

References to “weapons of mass destruction”: 0

References to “freedom”: 21

References to “exit strategy”: 0

References to “Saddam Hussein”: 2

References to “Osama Bin Laden”: 2

References to “a mistake”: 1(setting a timetable for withdrawal)

References to “mission”: 11

References to “mission accomplished” : 0  (source: http://thinkprogress.org)

9/11 がイラクとは全く関係ないというのは既に事実として証明されているのに、何でもカンでも9/11に振ってしまっていました。アメリカに侵入されるまで、イラクはテロリストの温床ではなかったんですけどねー。

freedomを21回も使ってましたが、それって、原油を確保し独占する自由の事かいな?世界の意見を無視する自由? 他国をいい加減な計画で侵略してテロの温床にする自由? 
生活事情は去年よりも悪化し、毎日数十人が自殺爆弾で殺されているイラクの人々が、この戦争で自由になったとは思えません。
10年越しの戦闘になるかもしれないという意見を、ペンタゴン長官、D. Rumsfeldのインタビューでうっかり言ってしまったのを聞いていますからね。どーすんだ、ベトナム戦争をコネで回避したお坊っちゃんよ。

ちなみに、後で入ったスクープによると、このスピーチの間の拍手は、ホワイトハウス関係者の指揮によるものだったそうです。さすが、アメリカ史上類をみないプロパガンダ政権。兵士たちはもちろん素直に従いましたけど、これが一般国民だったらブッシュ君、台詞を朗読するだけじゃ済みませんよ。


つまんない内容ですいません〜。許して!
一応用意しておきます。ヨロシク。
banner_02.gif
posted by march-hare at 01:53| Comment(6) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦争は、、どんな悲しみを生み出すのでしょう、、。
難しい問題だけど、無視してはいられない。

だから 日本の戦争放棄の法律は変えちゃいけないって思ってます。
Posted by septcandy at 2005年07月01日 02:54
私もそう思いますよ。
絶対戦争は避けるという意志がアメリカにないのが、とても残念です。もう危険は武装では防げない時代だというのに。
Posted by march-hare at 2005年07月01日 12:50
「Black Hawk Down (2001)」
この映画を観た僕は、アメリカが大好きになりました。
ソマリア内戦にアメリカ軍が介入した話です。
なぜ介入するのか。
英雄気取り?仲間のため?平和のため?
理由は忘れましたけど。(苦笑)

こんな僕は考え方がおかしいのかなぁ。。。
Posted by Castor at 2005年07月02日 01:05
Castorさん、
うーん。ちょっとマジメになっていい?
気持ち解るけど映画の雰囲気に飲まれちゃダメ!!!

私は、その映画は見た事ないんだけど、基本的にハリウッド映画のどんなシナリオでも結局アメリカ軍の勇姿と栄光のナルシズムに終わる所がねー。白ける。
B.H.Downは一応実話がベースだとは聞いてます。
でも基本的にアメ軍関係の映画は見づらいです。
どうしても戦争反対なので。戦争は人材と人命と、未来の世代の希望と、税金のムダ使い!!!
ガンジー派なんです。

F.Coppolaの地獄の黙示録は面白かったけど。古典ですね〜。
最近ので戦争関係だったら私はFog of War (2004) (監督Errol Morris)という、ドキュメンタリーをお勧めします。アカデミー賞を取りました。見ました?
Posted by march-hare at 2005年07月02日 11:28
Apocalypse Now (1979)
地獄の黙示録、これは正直ひきました。
戦争渦中での混乱状態、精神状態が窺い知れましたよね。
The Deer Hunter (1978)
これも。 とにかく爽快感が得られません。。。
映画作品の楽しみとしては、正直イマイチです。すいません若造が。(汗)
Fog of War (2004)
未見ですぅ。ドキュメンタリーってのが興味あります。

戦争映画、やっぱり白けますか。。。
僕は映画だと割り切って、そこは楽しむ派なんですよねぇ♪
「Pearl Harbor (2001)」でアメリカ軍を心から応援したり!(←本気で!!)
実際問題、コッポラ、スピルバーグの戦争映画を観ると凹みます。
これは仕方がありません。
だから、あまりに強烈な戦争作品は苦手です。
Errol Morris監督のドキュメンタリー映画、必ず観ます。
ありがとう♪
Posted by Castor at 2005年07月02日 11:59
Castorさん、
そっかぁ。娯楽性ではFog of War、ちょっと違っちゃうと思います。
好みじゃないかも〜。
全然楽しめるという感じの映画ではないです。
インタビュー形式です。
ちょっと映画の内容について解説を読んでから見た方が、入りやすいかも。
戦争の政治背景というテーマだから。
ドラマチックではないけど、へこんじゃう映画かもね。
Posted by march-hare at 2005年07月02日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。