2005年06月22日

忠犬ボルトン

やっぱり芸能ネタってすごい。
先日のトム・クルーズの記事は訪問者を増やしましたね〜。びっくりですよ。
数日前に付け替えたカウンターが、もう4桁。さすがハリウッドネタは強し。
でもですね、芸能ブログではないので、
今日はちょっとアンチテーゼになる(かなぁ?)ような記事をアップします。
これでみんな引いちゃうかしら。

今アメリカの議会は国連大使の指名でもめています。
ブッシュ大統領による国連大使指名のジョンボルトン国務次官は、
ブッシュ政権内でも最も露骨な国連批判が有名だった人物です。
その上アメリカ権威主義であるボルトン氏の指名は、
殆ど国連に向かって中指を立てて@#%$&*!!!と言っているメッセージを送るようなものだという意見もあります。

確かに「国連なんて存在しないに等しい。国連ビルの10階分くらいなくなっても、何の変化もないだろう。」とか、
「アメリカの目的を果たすものでなければ、外交なんて意味がない。」
などという発言をしていてはそう思われてもしょうがないですよね。

過去に同僚に対して決して外交的とは言えない対応をしたなど、共和、民主の党派を問わずボルトン氏に対する批判が数多く挙がっていますが、詳しい事は専門の方に任せまして、ここではちょっとイメージで私流にこのスキャンダラスな指名について、簡単なスライドショーをやってみます。


bolton protest1.gifはい、こちら、ワシントンにてボルトン反対のデモの模様。
ボルトン人気も低いですけど、最近のブッシュ支持率は低落気味です。
票入れてから、あっ、やっぱりこの選択まずかったかな?なんて、思った時には後のまつりですよ〜。

温暖化対策も、国際協力もここしばらくさようなら〜。(www.stopbolton.org)
その代わりにアメリカ国民にまわってくるのは、イラク戦争のツケ。

johnbolton2.jpgPhoenixgroomed1.jpg
こちら、問題のボルトン氏。このヒゲだけ白いところと、眉毛に埋もれたようなおめめ、どっかでみたような??? あっ、ご近所のワンちゃんだ!

florida debacle1.gifそして、最後に。
ブッシュ君、ボルトン氏に大きな借りがあるんですよ。
頑固なテリヤーのようにご主人に忠実なボルトン氏。
この写真はあの悪名高き2000年大統領選のリカウント時の模様。
ちゃんと(ブッシュに有利なように?)リカウントをチェックしにフロリダまではるばるワシントンから来ているではないですか!
詳細は知らんけど、なんか腑に落ちない。

何しろ現在の政権、密かにプロパガンダをニュースに見せかけて放映したり、ニュース番組のゲストに言わせたりしてるのが今年になってバレてますから。
この選挙、全国民の票数ではゴアが勝ってたんですよね〜。
この時のブッシュ政権の成り立ちはハッキリ言って民主主義という感じがしませんでした。私見ですが。

さて、忠犬ボルトンならぬボルトン国務次官、国連に行って中指を立てられるようになるのでしょうか???


よろしかったらお願いします〜。
banner_02.gif
posted by march-hare at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4525356

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。