2005年04月20日

甘い言葉とフードにご用心

ちょっと書く事が決まらない時は友人、スマイルのまぶしい怪人Fさんの事を考えると簡単です。(これで3度目のご出演!)Fさんは美食家ですが、同時に完璧主義でもあるので、常時ダイエットモードです。最近、アトキンスダイエットなどの、炭水化物を一切摂らない食事などが流行っていますが、ブーム前からFさんはご飯、パスタ、パン系統の食物を一切食べない人でした。

でも彼、人に食べ物を勧めるのは好きなようなのです。

職場関係のパーティがあったりすると、Fさんはこういったパーティには必ず高価なフード系のギフトを持参します。彼のギフトはいつも必ず、一番豪華で、美味しく、皆の記憶に残るものです。もちろんこれは政治的な配慮からなんですけど、どんな場でもキラリと光る事をモットーとする彼の方針でもあります。こういう儀礼的な集まりに、私も夫人同伴のアメリカの習慣に従って夫と参加して、人間観察して時間を潰す訳です。(何か本音が出てます。)ある時、彼はとても豪華なお菓子を持参しました。濃厚なクリームを使ったもの、ハーブやチョコレートを使った、珍しい味のもの、どれをみても美味しそうですが、高カロリー間違いナシです。Fさんは美しく盛られたお菓子の箱を持って、他のゲストにすすめていくのですが・・・どうも彼、箱を持って太っている女性の方へばかり行くのです。熱心にお菓子を勧めています。特に一番大きく、高カロリーの物を勧めます。彼女たちはもちろんFさんとお菓子の魅力に抵抗できる訳でもなく、最初は遠慮しつつも食べてしまいます。しばらくして、Fさんがラウンドを終了して戻ってくると、彼の動向を観察していた私に向かって、「やはり食い物の誘惑には勝てないね、あれだけデカイと。」なんてさりげなく耳打ちするのです。それってちょっとムゴイんじゃ・・・と思って、夫の方を見ると、

夫は「Fも心の中では永遠の肥満児なんだよ。」と既に解った風。ヘ?

自分が食べられない分、他人に食べさせる?
ホントは自分も食べたいものを頬張る相手に自分の姿を投影して反面教師にしてる?それで食欲減退させてるの?
それ以来、Fさんに高カロリーな食べ物を「おいしそうだから、食べなよ。」と勧められると躊躇してしまう私でありました。

人のココロは面白ろーい。と思ったらクリックして下さいネ。
banner_02.gif

posted by march-hare at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | サイコ・ロジカル?!な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Fさん、知れば知る程、ユニークですね。私はFさんとは逆で、太めの人がいかにも太りそうなものを食べたり、大食いしてると、何か自制心が無いのかなぁとちょっと不愉快な気持ちになってしまいます。でもそんな自制心を、わざとこちらのワナで破ってしまう事がFさんにとって楽しいのかな・・・気の毒で私にはできないです。
Posted by Kana at 2005年04月22日 22:58
私もちょっとお菓子を勧められた人たちが気の毒でした。動機が特殊だし、あまりにスムースな人だから、だれも疑ってないと思います。ホントに罪な人です。
Posted by march-hare at 2005年04月23日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。